logo.jpg

ABOUT

MAIL

MOVIE

映画で「新しいまち」をつくる

様々なルーツを持つ人々が集まり「新しいまち」をテーマとした映画を作ります。その過程を、映像ドキュメントとして随時更新していきます。

東京には様々なルーツをもつ人々が暮らしていますが、だからといって自身のルーツとは異なるコミュニティと関わることはそう簡単にはいきません。「まち」とは本来、多様性を担保すべきものと信じてはいるものの、現状のまちは経済上や管理上の合理性でつくられ、異なる背景・価値観が触れ合うきっかけを遠ざけているように思えます。 このプロジェクトでは映画製作という手段で異なるルーツを持つ人たちと「新しいまち」をつくることを試みます。そのまちは、多様な背景・価値観を持つ人々の視点でつくられ、既存のまちの持つ課題とこれからの可能性を示唆するものになるのかもしれません。 このページでは、映画製作へむけた取材をはじめ、その製作過程を順次映像ドキュメントとしてアップしていきます。

プロジェクト企画・製作者: 阿部航太(あべ・こうた)

2021.07.12

取材の記録#2 舎人「ここ俺のブラジルのスタイルじゃない」

2人目の取材は、ブラジル人のサタンさん。彼とは、共通の友人がブラジルから日本に来たときに、新宿の居酒屋で一度会っただけ。それでも今回の取材を快く受けていただき、家の中までも招き入れてくれた。ハードコアパンクやスケボーが好きで、友達も多く、返ってくる答えは飾らず率直なものが多い。

今回は、サタンさんに「もしここを引っ越すとしたら、どんな風景を撮っておきたいか?」という質問を投げかけて、インスタントカメラで実際に撮影してもらった。また、撮影を森内康博氏に託し、私はインタビューに徹した。

日本語字幕あり Japanese subtitles are available|インタビュー:阿部航太/撮影:森内康博

PAGE 1 2 3

企画・製作者

阿部航太(あべ・こうた) [企画・製作]

1986年生まれ、埼玉県出身。2009年ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校卒業後、廣村デザイン事務所入社。2018年同社退社後、「デザイン・文化人類学」を指針にフリーランスとして活動をはじめる。2018年10月から2019年3月までブラジル・サンパウロに滞在し、現地のストリートカルチャーに関する複数のプロジェクトを実施。帰国後、阿部航太事務所を開設し、同年にストリートイノベーションチームTrash Talk Clubに参画。アーティストとデザイナーによる本のインディペンデントレーベルKite所属。

http://abekota.com